小林隆二郎さん亡くなる

投稿日 2015年1月31日

小林隆二郎さんは関西フォークソングの季節はずれに咲いた大輪の花でした。 「人はみな旅人」と歌っていましたが, とつぜん2015年1月10日に帰らぬ旅に出ました。 1972年に当時すでにマスコミから閉め出されていた「プロテスト・ソングの復権をめざし」かわら版キャラバンをはじめ, 中川五郎, 三浦久, 秋山基夫, 有馬敲, 片桐ユズルなども同行しました。 彼は軽やかな声と, すばらしい歌唱力をもちながら, 言いたいことを歌いつづけるために, プロにはならずに, 大阪地下鉄の駅員の仕事をつづけ, ふつうのひとのための自由な表現の場として「ばとこいあ神戸」を1975年10月にはじめ, いまにつづけました。 ここの居心地のよさは, 彼のやさしさがすべてをつつみこみ, 排除すなわち差別を退けているからなのでしょう。 (参考: 片桐ユズル編『ほんやら洞の詩人たち』(晶文社, 1979年)

“小林隆二郎さん亡くなる” への2件のフィードバック

  1. 森のくまさん より:

    隆二郎さんの訃報に驚いています
    もう20年も前でしょうか 瀬戸内の小さな島「野島のしま」で歌ってもらいました 石垣島の「民宿船着場」を紹介してくれたのも「りゅうじろうさん」でした
    残念

  2. 教誓 誠」 より:

    いまだに信じられないのです。奥様からのお手紙で事実を確信し、涙が止まりません。広島の平和公園になぜ、日の丸が掲げられているのかを真剣に考え、議論したのも、隆二郎さんがきっかけです。プロテストという言辞の持つ意味を隆二郎さんは親権にとらえていました。残念でなりません。追悼の言葉も思い浮かべることのできない僕に苛立ちを覚えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です