うすめられたニュース

投稿日 2012年2月27日

2月22日の夜に家にかえるとテレビのニュース(たぶん2チャンネル)で,米原子力規制委員会が21日,福島原発の事故が起きた昨年3月11日から10日間の対応について,会議や電話などでの職員らのやりとりを公開した。アメリカ側の情報収集能力と危機意識の高さに対して,当時の日本側が発表した情報の少なさと危機意識の低さがすごいコントラストとしてテレビのニュースから伝わってきた。翌朝の新聞ではたいへんな大見出しで扱われるだろうと思ったら,探さないと見つからないような扱いであった。テレビのニュースは消えてなくなるが,新聞は残るはずだったが,すくなくとも朝日新聞では危機意識の濃淡は薄められ,伝わってこなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です