仏陀的通訳

投稿日 2010年7月2日

ATI(アレクサンダー・テクニーク・インターナショナル)代表のジェニファー・ミゼンコさんが2-3月にボディチャンスに招かれて日本でワークしました。そのときの印象記がATIのニュースレター2010年春号に出ていて,わたしの通訳をほめてくれたので気をよくしています。
 彼女は異文化ではじめてのひとたちにアレクサンダーを教えることをとても心配していました。しかし大阪でボディチャンスの通訳バジル・クリツァーさんが,とてもよくめんどうを見てくれて,きちんと通訳してくれたので,すっかり安心して気楽にワークできたのでした。多文化的背景をもつバジルのことはべたぼめですが,ユズルのことにもふれています。
 「ユズルは日本で最初のアレクサンダー教師だと思います。そしてATIの忠実なメンバーをつづけています。彼はとてもかしこく,気持ちのよい人です。いたずらっ子の目をしています! ユズルがわたしを通訳すると,まるで仏陀がわたしのとなりに座って,わたしのことばを取り次いでくれているみたいでした。本物のわたしがしゃべるよりも,ずっとかしこそうに聞こえてしまっていたにちがいありません。」
 仏陀の通訳が聞きたい方は,9月27日(月)18:00-21:00にマリfランソワズのワークショップがあります。場所は京都教育文化センターです。主催は新海みどり・片桐ユズルです。よろしく,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です