2011追悼

投稿日 2012年1月9日

 ほんとうは年末に書くつもりでしたが,いまごろ2011年に亡くなったひとの追悼。
安井 武,7月1日,心不全で死去,76歳。演出家として知られるが,わたしにとってはフェルデンクライス・メソッドの紹介者として,お世話になった。訳書『フェルデンクライス身体訓練法』(大和書房,1982年)は心身訓練のバイブル。
ケン・ラッセル,イギリスの映画監督.11月27日, 84歳。『恋する女たち』(1969)ではD.H.ロレンスのことばが一語一語映像化されている。『アルタード・ステイツ』(1980)は感覚遮断実験により変性意識に達しようとする科学者を描いた。『ルーダンの悪魔』の映画化もある(1971)。イギリスのもうひとりの前衛的映画監督デレク・ジャーマンは彼の弟子。
2011年とおもっていたら,2010年12月9日に亡くなったのが「綴方教室」で知られる豊田正子。朝日新聞によれば「閉塞性黄疸のため東京都内の病院で死去した.88歳だった。…小学校の担任教師の指導ではじめた作文が雑誌『赤い鳥』にたびたび入選。教師の指導記録もつけて。1937年に出版された『綴方教室』は,昭和の初めの東京下町のブリキ職人一家の暮らしを子供の目でありのままに描いてベストセラーになった。…」しかし,わたしにとっては,文章のこのようなモデルはクマのプーさんと出会うまで,暗雲のようにたれこめていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です